Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マクドナルド、懸賞のMP3プレーヤーを回収 - ウイルス感染で

日本マクドナルドは、販売促進キャンペーンの賞品であるMP3プレーヤーの一部にウイルスに感染していたとして回収を行っている。当選者には別途新品を提供するという。

ウイルス感染が判明したのは、同社が8月に実施したキャンペーンの賞品として9月29日に発送したオリジナル楽曲入りのMP3プレーヤー。当選者1万名に対し発送したが、同賞品を受け取った当選者から、パソコンに接続したら「中国語のメモ帳が立ち上がる」「ウイルス検知のメッセージが出た」などの指摘があったという。

同賞品をパソコンに接続すると、トロイの木馬型ウイルスに感染するおそれがあることが判明。プレーヤーは香港の企業であるマーケティングストアから納品されたもので、感染原因など詳細は現在調査中としている。

同社では当選者全員に対し個別に連絡するとともに、ホームページや店頭でも告知をして、同賞品を使用しないよう注意を呼びかけている。

また、すでに利用した当選者への緊急対策用として、ウイルスの駆除方法を公開している。同賞品については、すべて回収して準備が整い次第、新品と交換するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
経産省策定基準の適合セキュリティサービスリストを公開 - IPA
医療費申請者情報を無関係事業者の代表メルアドへ誤送信 - 佐賀県
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC