Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人向けセキュリティ製品「マカフィー2007」が登場 - ネット検索時の安全を確保

マカフィーは、個人向けセキュリティ製品の最新版「マカフィー2007」シリーズを発表した。9月30日より発売する。オンライン版では契約期間が2年や3年の複数年契約にも対応している。

同シリーズでは、ウイルスやスパイウェア対策、個人情報保護、バックアップ機能、迷惑メール対策、ワイアレスネットワーク対策など、10種類のセキュリティ機能を統合した「マカフィートータルプロテクション」を筆頭に、同製品からネットワーク関連機能を省き、8種類の機能を搭載した「マカフィーインターネットセキュリティ」、オンライン版のみの提供となるが5種類の機能を搭載したマカフィーPCプロテクションプラスなど、統合製品を3種類をラインナップした。

さらに、ウイルスやスパイウェア、ハッカー対策機能に特化した「マカフィーウイルススキャンプラス」およびワイアレスネットワーク対策機能に特化した「マカフィーワイヤレスプロテクション」を用意。

従来バージョンからユーザーインタフェースが大きく変更された。大きなアイコンでセキュリティの状況を確認でき、問題がある場合は、修復ボタンを押すだけで問題を解決できる。また、最新版ではユーザビリティを考慮し、「コンピュータとファイル」「インターネットとネットワーク」「Eメールとメッセンジャー」「パレンタルコントロール」の4種類のカテゴリにわけ、ユーザーが目的により機能設定へアクセスできるよう工夫した。

今回、新技術「McAfee X-ray for Windows」を搭載。同社によれば、1年間に600%の割合で増加しているというルートキットへ対応。また、目玉機能とも言える「SiteAdvisor」を搭載。同機能では、GoogleやYahoo!、MSNといった検索エンジンで検索すると、検索結果の右側に安全性を示すアイコンを表示する。

さらにアイコンへマウスを重ねるとどのような脅威があるか概要を表示。アイコンが黄色や赤の場合、クリックするとサイトの脅威に関する詳細が表示され、ダウンロードファイルにどのようなトロイの木馬が埋め込まれているかや、サイトや登録するとスパムが送付される場合は、送りつけられるスパムなども確認できる。

(Security NEXT - 2006/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT