Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータから他機関との共同研究資料や個人情報がWinny上へ流出

NTTデータから、同社と理化学研究所など外部機関と共同で研究を進めている技術関連資料や関係者の個人情報がWinnyネットワーク上へ流出したことがわかった。

流出したデータは、同社が進めていた研究プロジェクトの研究者の情報で、同社社員26件を含む176件の氏名や連絡先といった個人情報。また、技術調査資料やシステム設計、運用、研究データなど研究に関する技術資料431件も流出した。一部遺伝子情報が含まれていたが、匿名化が行われており、個人は特定できないという。

NTTデータの社員が昨年から今年はじめにかけてデータを持ち出し、自宅で作業を進めていたが、暴露ウイルスに感染し、流出した。同社では、データの持ち出し制限や私用パソコンの利用禁止を行っていたが防げなかったという。

理研では、今回の流出に関し、NTTデータ側に情報セキュリティに関する取り決めや機密保持契約に違反があったとしている。NTTデータでは、関係者に対して事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2006/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク