Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

空知信金、顧客情報含む税金領収書控など5122件の書類を誤廃棄

空知信用金庫は、平岸支店において、税金の領収書控えや水道料金の受領証など、合わせて5122件の顧客情報を含む書類を誤廃棄していたことを明らかにした。

紛失が判明したのは、2001年度と2002年度に店頭で税金や水道料金などの納付を受け付けた際に発行した領収書の控え。合わせて5122件で、氏名や住所、払込額、納付者番号などの個人情報が記載されていた。2003年と2005年に保管書類の整理を行った際、誤って廃棄したという。

また本店において、2005年10月に発送し、転居先不明などの理由で戻ってきた「お取引継続のお願い」の葉書17通の紛失が判明した。顧客の氏名、住所、口座番号などが記載されていたが、これも誤って廃棄した可能性が高いという。

(Security NEXT - 2006/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
幼稚園で緊急連絡カードを一時紛失 - 嵐山町
「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
偽「津波警報発表」メールに注意 - 不安煽って偽サイトへ誘導
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
PowerDNSに複数脆弱性、アップデートで修正 - バグ判明で急遽再リリースも
米サイバー軍が「VirusTotal」にマルウェア検体を提供 - 民間との連携強調
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業