Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DoS攻撃やボットの増加目立つ - 警察庁まとめ

警察庁は、2006年度上半期におけるインターネット上の治安情勢をまとめた。

警察庁に設置されたIDSのワーム検出数は24万9000件で、2005年下半期から約13%の減少となった。しかしながら、前年同期に比べると増加しており、予断を許さない状況となっている。

また、同庁が把握したボットネットは327で、前期と比較し、約67%の増加。確認したボット数は37万6823台で、前期の5万2723台から大幅に増加した。このうち、7万2593台が国内の端末であると同庁では分析している。

さらに、ウェブサイトを狙ったDoS攻撃の増加しており、同庁でも4万4700件の攻撃を受け、約32%の増加を記録。同庁調査によれば、2.3%の事業者がDoS攻撃を受けたという。

同庁は、ボットネットの増加やコンピュータの乗っ取りを目的としたSSHのパスワードクラックなど、不正アクセスの準備行為の増加しているとして、注意を促している。

(Security NEXT - 2006/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大