Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスが変態する可能性まで分析し抗体を作るセキュリティソフト

コアグリットは、ウイルス対策ソフト「Com Police」を8月1日より発売する。当初はダウンロード販売を実施し、年間利用料は4100円(更新契約料は3500円)。パッケージ販売も9月以降に予定している。

同製品は、スパイウェアやウイルスなどを検知、駆除するソフトウェア。メール受信やブラウザなどの外部アクセスをリアルタイムで監視。不正アクセスを行うウイルスを発見した場合は、隔離した上で変態の可能性を分析し、ウイルスの抗体を生成するという。

また、他のセキュリティソフトの共存が可能。ファイル検査機能では、圧縮ファイルや実行中のファイルの検査にも対応している。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ