Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルスが変態する可能性まで分析し抗体を作るセキュリティソフト

コアグリットは、ウイルス対策ソフト「Com Police」を8月1日より発売する。当初はダウンロード販売を実施し、年間利用料は4100円(更新契約料は3500円)。パッケージ販売も9月以降に予定している。

同製品は、スパイウェアやウイルスなどを検知、駆除するソフトウェア。メール受信やブラウザなどの外部アクセスをリアルタイムで監視。不正アクセスを行うウイルスを発見した場合は、隔離した上で変態の可能性を分析し、ウイルスの抗体を生成するという。

また、他のセキュリティソフトの共存が可能。ファイル検査機能では、圧縮ファイルや実行中のファイルの検査にも対応している。

(Security NEXT - 2006/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市