Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、秘密分散法でメールからの情報漏洩を防ぐソフトを発売

日立製作所は、メールからの情報漏洩を防止する企業向けソフトウェア「メール割符 for Exchange Server」を開発した。7月20日より発売する。

同製品は、マイクロソフトの「Exchange Server」と「Outlook」を組み合わせたメールシステム上で、メールからの情報漏洩を防ぐセキュリティソフト。データを複数に分割して送る秘密分散法により、誤送信による情報漏洩やデータの盗み見などを防ぐことができる。開発にあたっては、マイクロソフトの技術協力を受けたという。

同ソフトを搭載したUSBメモリをPCに差し込むだけで利用でき、送信時は、メールの本文や添付ファイルを自動的に複数に分割し、受信後に復元する。受信側にも同様のメモリが必要で、メモリを抜くと復元できずメールの閲覧ができないため、高い安全性が実現できるとしている。価格は、1クライアント当たり2万6250円から。

(Security NEXT - 2006/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド