Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生向けサイトで情報流出や改ざん被害が発生 - 京都大学

京都大学は、学生向け情報サイト「クラシス」に不具合が発生し、学生88名の個人情報が他の学生に閲覧可能な状態になっていたことを明らかにした。

同大学によれば、4月20日午後7時から4月21日午前9時30分の間、同大学サイトにおいて、本来ならば本人しか閲覧できない情報が他学内関係者に公開されてしまうという不具合が発生したという。

これにより、学生88名の氏名、メールアドレス、電話番号、履修登録状況などが他の学生657名に閲覧されたおそれがあり、さらに流出した88名のうち37名のデータ改ざんが確認された。

同大学では、流出の対象となった学生に対し謝罪のメールを送るとともに、同システムを利用している学生に対しても経緯を説明するメールを送付。原因であるシステムの不具合はすでに解消しているという。

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
特別支援学校でメール誤送信、保護者のメアド流出 - 埼玉県
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応