Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

葛飾区、改ざんで閉鎖していた施設サイトを再開 - 1カ月半ぶり
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新
「Symantec Messaging Gateway」にRCEやCSRFの脆弱性 - アップデートで修正
「VMware NSX-V Edge」にサービス拒否の脆弱性
「Apache Tomcat」のキャッシュ処理などに脆弱性 - 既存のアップデートで対応済み
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
府立高校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 大阪府