Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BSD libcライブラリ」にバッファオーバーフローの脆弱性
エンカレッジ、形式に依存しない画像ファイル化ソリューション
ソフトバンク、IPSサービスにマルウェアブロック機能 - アクセス要求をリスト照合
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
2017年3月に「RHEL4/5」や「CentOS 5」がサポートを終了
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 作業服通販サイト
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
Apacheの「HTTP/2プロトコル」用モジュールに脆弱性
中学校で誤って作製した成績資料を紛失 - 宇治市