Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ
連絡メール誤送信で区政会議委員のメアド流出 - 大阪市
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ
「Drupal」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を解消
自動車セキュリティの取組ガイドに改訂版 - 製造工程での脅威対策を追加
岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚
2月のESETによるマルウェア検出、6割以上がJavaScript型
「パスワード変更完了」偽通知メールに注意 - 「ウェブマネー」装うフィッシングが発生