Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区
高校行事出席者へのお礼メールで誤送信 - 宮城県
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘