Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ
会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
NEC、オーストリアのコンサル会社とサイバー攻撃対策で協業
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに脆弱性
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も