Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

横河電機の制御システム向けアラーム管理ソフトに複数脆弱性
FWルールを自動生成する産業制御システム向けルータ - フエニックス
「SKYSEA Client View」に脆弱性 - 緊急対応を
攻撃グループ「Tick」、資産管理ソフトへの脆弱性攻撃を継続 - 標的型攻撃も
介護予防事業で同意書など紛失、投函するも見当たらず - 神戸市
開示資料の墨塗り部分に個人情報、強い光で判読可能に - 和歌山市
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
MSS選定ガイドラインVer.2.0を公開 - ISOG-J
サーバ管理証明書の一元管理プラットフォームを提供 - デジサート
セキュキャン、応募課題を先行公開 - 応募期間短く注意