Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2016年12月のマルウェア、トロイの木馬「Kotver」の沈静化で大幅減
総務省、セキュリティ表彰制度で候補者の募集を開始
JMAS、撮影データを暗号化送信するスマホ向けカメラアプリ
「他人に個人情報を公開された経験がある」14.4% - 3割強が削除依頼など対応
市立中学校で生徒情報含むUSBメモリの紛失が発生 - 高槻市
テリロジー、イスラエル製ダークネットモニタリングサービスを開始
「Java SE」に17件の脆弱性 - アップデートがリリース
Oracleが定例パッチを公開 - 270件の脆弱性に対応
総務省、「IoTサイバーセキュリティアクションプログラム」 - 人材育成を加速
複数の脆弱性を修正した「WordPress 4.7.1」 - 「PHPMailer」の更新も