Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
4月修正のOffice脆弱性、不正送金マルウェアの拡散に悪用される
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調