Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客名が記載された資料をそのまま講演で使用

東京電力は、顧客名を記載したままの資料を講演に利用していたと発表した。

同社によれば、システムの運用方法などに利用する社内参考資料に顧客情報が記載したまま利用していたが、社外の講演においてそれらを消去せず、利用していたことがわかったという。

記載されていた情報は、顧客23件の情報で、契約者名義や契約容量といった情報が含まれていた。また、資料はCD-ROMに収録され、3200枚が配布されている。

同社では、顧客に事情を説明。現在、配布したCD-ROMの回収を急いでいる。

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OSSアーカイバライブラリで作製した自己解凍ファイルに脆弱性 - 修正版で再作成を
NEC、「セキュリティ経営ガイドライン」踏まえたコンサルサービス
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件
2016年の国内IoT市場規模は5兆円超 - 2021年には倍以上に
ニコン通販サイト、12日間にわたり非暗号通信 - クレカ情報など送受信
セキュリティリスクに関する最大の懸念は「従業員の不注意と知識不足」
NEC、ASEAN6カ国を対象としたサイバー攻撃防御演習を実施
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に
「サイバーコロッセオ×SECCON」が3月5日開催 - 登録締切迫る
トレンド、セキュリティ動画コンテストの結果を発表