Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豊和銀行、取引先104件にウイルスメールを送信

豊和銀行は、一部顧客に対して、ウイルス「Netsky.P」を添付したメールを送信する事故が発生したと発表した。

同行に送られたウイルスメールを誤って開いてしまったことにより、同行パソコンにウイルスが感染。パソコン内に保存されていた取引先104件のアドレスに対して、同様のウイルスメールが送信されたという。同行では、送信した取引先に個別に連絡をするといった対応をしている。

「Netsky.P」は、2004年3月に発生したワームで、今年も引き続き蔓延している。セキュリティベンダーやIPAなどが注意を呼びかけており、9月には一時検出ウイルス8割以上に達した時期もあった。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校