Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中京銀行、投資信託の取引情報を紛失 - シュレッダーで裁断か

中京銀行は、顧客情報が記載された内部資料を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、投資信託の取引情報が記載された帳票で、8件の顧客情報が記載されていた。含まれる情報は、氏名、取引内容、口座番号など。11月28日の定期調査により判明したという。

同行では誤ってシュレッダーにて裁断し、破棄した可能性が高いとしている。同行では顧客へ謝罪した上で事情を説明し、了承を得たとしている。

(Security NEXT - 2005/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
複数「VPNアプリ」に「Cookie」窃取されるおそれ - 一部ベンダーは反論
「VMware ESXi」などに3件の脆弱性 - アップデートがリリース
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援