Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CWAT」のメジャーバージョンアップは来年1月 - インテリジェントウェイブ

インテリジェントウェイブは、内部情報漏洩対策システム「CWAT」の次期新製品を2006年2月に出荷すると発表した。

次期バージョンのコードネームは「Skybean」で、2003年9月にリリースされた「CWAT」のメジャーアップデートとなる予定。行動追跡型の特異挙動検知エンジンを搭載する予定で、クライアントPCの不審な挙動の検知、防止を実現するとしている。

また、複数言語混在環境における一元監視や点在するクライアント上の個人情報を児童検知する機能や、操作制限機能などを提供する見込み。また、オープンなプラットフォームを提供し、同製品以外のシステムと連携を実現するという。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外グループ会社メルアカに不正アクセス - 古野電気
ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay