Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CWAT」のメジャーバージョンアップは来年1月 - インテリジェントウェイブ

インテリジェントウェイブは、内部情報漏洩対策システム「CWAT」の次期新製品を2006年2月に出荷すると発表した。

次期バージョンのコードネームは「Skybean」で、2003年9月にリリースされた「CWAT」のメジャーアップデートとなる予定。行動追跡型の特異挙動検知エンジンを搭載する予定で、クライアントPCの不審な挙動の検知、防止を実現するとしている。

また、複数言語混在環境における一元監視や点在するクライアント上の個人情報を児童検知する機能や、操作制限機能などを提供する見込み。また、オープンなプラットフォームを提供し、同製品以外のシステムと連携を実現するという。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も