Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友生命、顧客の請求書類を記録したマイクロフィルムを紛失

住友生命保険は、顧客の個人情報を記録したマイクロフィルムカセット1本を紛失したと発表した。

所在不明となったカセットには、2004年11月に契約後の保全手続きを行った1481名分の顧客情報が記録されており、氏名、生年月日、住所、電話番号、証券番号が含まれる。告知書や診断書などは記録されていない。

マイクロフィルムカセットは、請求書類を微細な文字で記載しており、肉眼では内容を確認できないもので、誤廃棄の可能性が高いという。同社では、該当する顧客へ謝罪状を送付。また、今回紛失した顧客の情報以外については問題がないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2005/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定