Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信によりアドレスが流出 - 中部テレコミュニケーション

通信サービスを手がける中部テレコミュニケーションは、顧客へのメール送信において誤送信が発生したと発表した。

9月21日に障害報告のメールを送付する際、入力ミスによりメールアドレスが、他の受信者に確認できる方法で46件を送付してしまったたという。同社では、事故判明後、顧客へ電話および電子メールにて事情を説明、および謝罪を実施。あわせてメールの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2005/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究
JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
「Firefox 78」がリリース - 脆弱性13件を修正 - 保護ダッシュボードの機能強化も
アカウント情報の漏洩検知サービスを機能強化 - ソースポッド
5月のDDoS攻撃、件数は減少するも攻撃規模は拡大 - IIJレポート
2019年下半期の捜査機関開示要請は1684件、78%に対応 - LINE
石川と兵庫で電話サービス故障、誤着信など発生 - NTT西
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供