Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

125通に1通がフィッシング詐欺メール - シマンテックレポート

シマンテックは、「インターネットセキュリティ脅威レポートの第8号」を発表した。同レポートは、インターネット上の脆弱性やウイルスなど、ネット上の脅威をまとめたもので、同社が半年に1度のペースで発表している。

今回のレポートは、2005年上半期の情報をまとめたもの。同レポートによれば、今回の調査では、金銭を詐取を目的としたコードやデスクトップへの攻撃が目立ったという。同社へ報告された悪意のあるコードの上位50のうち、機密情報を詐取するものが74%と高い割合を示し、前回調査から20ポイント上昇した。また、発生するタイミングも、脆弱性発表から6.0日と前回より0.4日早くなっている。

また、悪意あるコードは、従来の単機能のものとは異なり、ダウンロードを繰り返すことで機能が追加されるモジュール式を採用した悪質なものが中心となりつつあると報告している。さらに、調査期間中1日あたり平均1万台以上のボットを観測し、従来調査から140%以上の増加を記録。同社では今後さらなる増加を予測している。

脆弱性についても、開始以来の高水準となり、1862件を記録。その大半が深刻度「中」から「高」で、ウェブアプリの脆弱性が6割近く占めた。近年新たな脅威となっているフィッシング攻撃についても、平均570万通/日まで増加しており、125通につき1通の割合で送信されており、スパムのトラフィックにいたっては、全メールの61%を占めたとしている。

(Security NEXT - 2005/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず