Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務委託先で入退室システムへ登録中に個人情報が盗難被害 - 東大

東京大学は、業務委託先の事業者において個人情報の盗難事件が発生し、理学系研究化および理学部の個人情報を紛失したと発表した。

同大学理学系研究科および理学部が業務を委託していたアートが、学生の個人情報が記載されたノートパソコンを駐車場に置き忘れ、そのまま盗まれたという。事業者は、学生証のICカードを利用した入退室管理システムに必要なデータを登録している最中の事件だった。

大学院生、学部学生全員分の個人情報2133件が含まれており、氏名のほか、学生証番号や学生コードなど、学籍情報が含まれていたという。また、盗まれた情報により偽造のIDカードを作ることはほぼ不可能とし、システムの変更などは行わない方針だ。

業務委託先であるアートでは、学生へ謝罪した上で、今後大学と相談の上処置を決定するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート