Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務委託先で入退室システムへ登録中に個人情報が盗難被害 - 東大

東京大学は、業務委託先の事業者において個人情報の盗難事件が発生し、理学系研究化および理学部の個人情報を紛失したと発表した。

同大学理学系研究科および理学部が業務を委託していたアートが、学生の個人情報が記載されたノートパソコンを駐車場に置き忘れ、そのまま盗まれたという。事業者は、学生証のICカードを利用した入退室管理システムに必要なデータを登録している最中の事件だった。

大学院生、学部学生全員分の個人情報2133件が含まれており、氏名のほか、学生証番号や学生コードなど、学籍情報が含まれていたという。また、盗まれた情報により偽造のIDカードを作ることはほぼ不可能とし、システムの変更などは行わない方針だ。

業務委託先であるアートでは、学生へ謝罪した上で、今後大学と相談の上処置を決定するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応