Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員宅の顧客情報入りパソコンが盗難被害 - ダイヤモンドリース

ダイヤモンドリースは、同社社員の自宅が空き巣被害に遭い、その際に同社顧客情報が保存されたパソコンが盗まれたと発表した。

同社によれば、8月19日から翌日20日までの間に社員自宅へ空き巣が入ったもの。盗まれたのは社員個人が所有するパソコンで、社内ルールに反して持ち出された取引先の関係者情報1390件が保存されていた。セキュリティ対策は施されていなかったという。

含まれる情報は、取引先企業の担当者氏名や企業情報、メールアドレスなど。同社では、直後に警察へ被害届を提出した。また、関係者に対して、事情を報告した上で謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も