Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チューリッヒ生命、顧客情報記載の請求書などを紛失

チューリッヒ生命は、顧客が給付金および解約などを請求する際に提出される書類の紛失が判明したと発表した。

同社によれば、2004年から2005年までの間、給付金および解約などを請求する際に提出される請求書30件分の紛失が判明した。これを受けて、個人情報が記載されている書類の保管状況を調査した結果、保険金や給付金などの請求書類のうち、1178件のデジタル画像を収めたCD-ROMなどの紛失が明らかになった。

社内調査の結果、紛失した書類は社内で誤って破棄した可能性が高いとしている。同社では問い合わせ窓口を設置するとともに、再発防止に向けて、内部管理体制の強化と情報管理の徹底を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON