Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、「情報セキュリティ政策2005」を公表

総務省は、2004年12月から「次世代IPインフラ研究会」にて「セキュリティWG」を開催し、次世代のIPインフラにおける情報セキュリティ確保に向けた政策の在り方について検討しているが、今回「情報セキュリティ政策2005」を取りまとめ、公表した。

「バックボーンの現状と課題」に続く第二次報告書にあたる。提言では、ネットワーク、モノ、人材といった側面の脆弱性を克服する政策の推進を掲げ、「ネットワーク障害の広域化への対応」「ネットワークに繋がるモノの多様化への対応」「人材面の脆弱性の克服」といった脆弱性を解決していくことを課題した。

その上で、今回の報告書では、「インシデント対応の現状と課題」「ユビキタスネット社会におけるセキュリティ確保」「電気通信事業における情報セキュリティマネジメント」「セキュリティ人材の不足」についてIPインフラを中心に解決していくべきと提言している。

(Security NEXT - 2005/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委