Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラッド・ピットなど有名スターのゴシップ装うウイルス「W32/Ahker-F」

ソフォスは、「ブラピ」こと米国人気俳優ブラッド・ピットさんなど、有名スターのゴシップを装って添付ファイルを開かせようとするワーム「W32/Ahker-F」が拡散しているとして、注意を促している。

同ワームは、メールで拡散するほか、チャットプログラムやファイル共有ネットワークでも拡散する。感染すると、ウイルス対策アプリケーションを停止させたり、データを改ざんしたりする。また、マイクロソフトのセキュリティアップデートサイトに対し、DoS攻撃をしかけようとする。

同ワームは、有名人のセクシークリップやわいせつなゴシップを装って、添付ファイルを開かせようとする。同社では、同ワームに関する報告はまだ少ないとしているものの、ウイルス対策ソフトを常に最新に保ち、不審なファイルを興味本位で開かないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も
市有地売却先に用地取得関連の情報含む書類を置き忘れ - 大阪市
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
バリオセキュア、ウェブのセキュリティ診断サービスを開始
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに
「Apache Tomcat」脆弱性の探索行為、10月10日ごろより発生
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響