Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラッド・ピットなど有名スターのゴシップ装うウイルス「W32/Ahker-F」

ソフォスは、「ブラピ」こと米国人気俳優ブラッド・ピットさんなど、有名スターのゴシップを装って添付ファイルを開かせようとするワーム「W32/Ahker-F」が拡散しているとして、注意を促している。

同ワームは、メールで拡散するほか、チャットプログラムやファイル共有ネットワークでも拡散する。感染すると、ウイルス対策アプリケーションを停止させたり、データを改ざんしたりする。また、マイクロソフトのセキュリティアップデートサイトに対し、DoS攻撃をしかけようとする。

同ワームは、有名人のセクシークリップやわいせつなゴシップを装って、添付ファイルを開かせようとする。同社では、同ワームに関する報告はまだ少ないとしているものの、ウイルス対策ソフトを常に最新に保ち、不審なファイルを興味本位で開かないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ
会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
NEC、オーストリアのコンサル会社とサイバー攻撃対策で協業
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
1月に通販サイトへ不正アクセス、クレカなど個人情報が流出 - 優生活
ウェブブラウザ「Vivaldi」のWindows版インストーラに脆弱性
「ColdFusion」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
「セキュキャン2017」が参加者募集を開始 - 単一テーマ取り組む「集中コース」も