Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラッド・ピットなど有名スターのゴシップ装うウイルス「W32/Ahker-F」

ソフォスは、「ブラピ」こと米国人気俳優ブラッド・ピットさんなど、有名スターのゴシップを装って添付ファイルを開かせようとするワーム「W32/Ahker-F」が拡散しているとして、注意を促している。

同ワームは、メールで拡散するほか、チャットプログラムやファイル共有ネットワークでも拡散する。感染すると、ウイルス対策アプリケーションを停止させたり、データを改ざんしたりする。また、マイクロソフトのセキュリティアップデートサイトに対し、DoS攻撃をしかけようとする。

同ワームは、有名人のセクシークリップやわいせつなゴシップを装って、添付ファイルを開かせようとする。同社では、同ワームに関する報告はまだ少ないとしているものの、ウイルス対策ソフトを常に最新に保ち、不審なファイルを興味本位で開かないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに