Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラッド・ピットなど有名スターのゴシップ装うウイルス「W32/Ahker-F」

ソフォスは、「ブラピ」こと米国人気俳優ブラッド・ピットさんなど、有名スターのゴシップを装って添付ファイルを開かせようとするワーム「W32/Ahker-F」が拡散しているとして、注意を促している。

同ワームは、メールで拡散するほか、チャットプログラムやファイル共有ネットワークでも拡散する。感染すると、ウイルス対策アプリケーションを停止させたり、データを改ざんしたりする。また、マイクロソフトのセキュリティアップデートサイトに対し、DoS攻撃をしかけようとする。

同ワームは、有名人のセクシークリップやわいせつなゴシップを装って、添付ファイルを開かせようとする。同社では、同ワームに関する報告はまだ少ないとしているものの、ウイルス対策ソフトを常に最新に保ち、不審なファイルを興味本位で開かないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
4月修正のOffice脆弱性、不正送金マルウェアの拡散に悪用される
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
2016年度の国内セキュリティ市場は9327億円 - 成長やや鈍化するものの堅調
「Apache HTTP Web Server」に複数の脆弱性 - 最新版で修正
インターネットリスク調査、日本は183カ国中155位 - 一方で25万台超がtelnetに応答
「剣と魔法のログレス」で開発企業の従業員が逮捕 - RMTに利用者アカウント
Linuxにroot権限を取得される脆弱性「Stack Clash」
保育所児童の個人情報含む資料が盗難 - 福岡市