Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラッド・ピットなど有名スターのゴシップ装うウイルス「W32/Ahker-F」

ソフォスは、「ブラピ」こと米国人気俳優ブラッド・ピットさんなど、有名スターのゴシップを装って添付ファイルを開かせようとするワーム「W32/Ahker-F」が拡散しているとして、注意を促している。

同ワームは、メールで拡散するほか、チャットプログラムやファイル共有ネットワークでも拡散する。感染すると、ウイルス対策アプリケーションを停止させたり、データを改ざんしたりする。また、マイクロソフトのセキュリティアップデートサイトに対し、DoS攻撃をしかけようとする。

同ワームは、有名人のセクシークリップやわいせつなゴシップを装って、添付ファイルを開かせようとする。同社では、同ワームに関する報告はまだ少ないとしているものの、ウイルス対策ソフトを常に最新に保ち、不審なファイルを興味本位で開かないよう注意を促している。

(Security NEXT - 2005/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セコムとKDDI、次世代通信「5G」で実証実験 - IoT時代視野に
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
NII、匿名加工情報の加工方法に関する報告書を公開
日立Sol、就業時間外にPCを利用させないソリューション - 指定時間にシャットダウン
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
案内メールを誤送信、メアドが流出 - レンズ型掃除機メーカー
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化
DIT、プログラムファイルに記載された特権IDやPWの漏洩防ぐ新製品
dit、特権アカウントの不正利用防止製品の新版