Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を狙った脅威が増大 - シマンテックセキュリティレポート

シマンテックは、2004年7月1日から12月31日までの、インターネット攻撃、脆弱性、悪意のあるコードおよびその他セキュリティリスクの傾向をまとめた「インターネットセキュリティ脅威レポート」を発表した。

同レポートは、同社が年2回のペースで発行しているもので、今回で7 回目。同レポートによれば、ユーザーの秘密情報を狙った攻撃は過去3期連続で増加。同社への報告件数トップ50のうち54%を占めているという。クレジットカード番号など金銭に関わるデータを盗むフィッシング攻撃も増加しており、同社では、2005年も引き続き、フィッシング被害は深刻な問題になると予測している。

Windowsをターゲットとしたコンピュータウイルスについては、2004年上半期に比べて64%の増加しており、同期間中に亜種を含めて7360以上の新種が登場。昨年末の時点で、亜種を含めて累計17500 種に達した。

脆弱性については、公表からそれを悪用するプログラム出現までの間隔が平均6.4日と短くなっている。期間中に記録したあらたな脆弱性は1403件で、そのうち97%が深刻度「中」または「高」で、80%がリモートから悪用可能だったという。

同社では今後の傾向として、金銭目的のボットやボットネットワークの増加、モバイル機器を狙ったワームの増加、アドウェアおよびスパイウェアに関連したリスクの拡大などを挙げている。

(Security NEXT - 2005/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力