Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsやOffice、IEなどに12件の脆弱性 - MSが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、Windowsをはじめ、OfficeやInternet Explorerなどに合わせて12件の脆弱性が見つかったと発表、更新プログラムを公開した。深刻度は、最も危険な「緊急」が8件、次に危険な「重要」が3件、「警告」が1件となっている。

今回公開された脆弱性には、ウェブページを見たりメールに記載されたリンクをクリックしただけで、コンピューター内のファイルが読み取られるなどの悪質なプログラムが実行されるといった、危険なものが多数含まれている。

同社では、Windows UpdateやOffice Updateから、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催