Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WindowsやOffice、IEなどに12件の脆弱性 - MSが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、Windowsをはじめ、OfficeやInternet Explorerなどに合わせて12件の脆弱性が見つかったと発表、更新プログラムを公開した。深刻度は、最も危険な「緊急」が8件、次に危険な「重要」が3件、「警告」が1件となっている。

今回公開された脆弱性には、ウェブページを見たりメールに記載されたリンクをクリックしただけで、コンピューター内のファイルが読み取られるなどの悪質なプログラムが実行されるといった、危険なものが多数含まれている。

同社では、Windows UpdateやOffice Updateから、更新プログラムを早急にインストールするよう求めている。

(Security NEXT - 2005/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教委送付の入学予定者名簿が所在不明に - 豊島区
「三菱UFJ銀」装う偽メールに注意 - 件名は10種類以上
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
庁舎内で狩猟免状が所在不明に - 神奈川県
2018年登録の自動車登録申請書57件を誤廃棄 - 国交省
「Firefox 70」が登場、脆弱性13件を修正 - PW生成機能なども
「Chrome 78」がリリース、セキュリティ修正は37件 - 「XSS Auditor」を削除
重要インフラのセキュリティ向上に活用できる「ES-C2M2」に解説資料 - IPA
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
SBISecSolとNECで新会社、金融機関向けソリューションを展開