Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJカード、33件のフィッシング詐欺被害が発生

UFJカードは、2004年9月から10月にかけて同社クレジットカードが偽造される被害が発生したと発表した。

同社によれば、ルーマニアなどにおいてクレジットカード33名分が偽造され、そのうち8名のクレジットカードにて「キャッシング」により、借り入れが行われたという。被害総額は約150万円。同社では、調査の結果、偽造カードの情報は、「フィッシング詐欺」により不正に収集、作成されたものとしている。

同社は、不正なクレジットカード利用を検知するシステムを用いて、盗難や偽造されたクレジットカードの不正利用を常時モニタリングしており、盗難されたクレジットカードによる不正利用は、顧客の負担にならないように対応している。偽造による被害ついても、盗難被害と同様の対応となる。

同社では、メールにて「カード番号」「有効期限」「暗証番号」の入力を依頼することはないとし、そのようなメールを受信しても、メールへ返信したり、ホームページへのログインなどしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず