Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UFJカード、33件のフィッシング詐欺被害が発生

UFJカードは、2004年9月から10月にかけて同社クレジットカードが偽造される被害が発生したと発表した。

同社によれば、ルーマニアなどにおいてクレジットカード33名分が偽造され、そのうち8名のクレジットカードにて「キャッシング」により、借り入れが行われたという。被害総額は約150万円。同社では、調査の結果、偽造カードの情報は、「フィッシング詐欺」により不正に収集、作成されたものとしている。

同社は、不正なクレジットカード利用を検知するシステムを用いて、盗難や偽造されたクレジットカードの不正利用を常時モニタリングしており、盗難されたクレジットカードによる不正利用は、顧客の負担にならないように対応している。偽造による被害ついても、盗難被害と同様の対応となる。

同社では、メールにて「カード番号」「有効期限」「暗証番号」の入力を依頼することはないとし、そのようなメールを受信しても、メールへ返信したり、ホームページへのログインなどしないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2005/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多