Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

凸版印刷、RFID技術を利用した機密情報管理システムを発売

凸版印刷は、PCやサーバ、物理的なファイルなどに保存されている機密情報を、総合的に管理できる「ICタグ対応オフィス文書管理キャビネットシステム」を発売した。同社が2004年5月から開始した「個人情報保護の総合支援サービス」の1つとして提供される。

同システムは、リーダ、ライタ内蔵キャビネットでICタグ貼付の書類ファイルなどを管理するとともに、ICカードでキャビネットを施錠、解錠することにより個人情報などの機密情報を保護する。

ファイルの貸し出しおよび返却時の「誰が」「いつ」「何を」といった情報を、完全自動記録ならびに検索することが可能。また、必要な書類ファイルの検索が端末によって自動で行える。既存キャビネットへの組み込みも可能。価格は、キャビネット5連が約500万円(参考価格)。

(Security NEXT - 2005/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で