Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーBBの顧客情報9213件がネット上に - NHKに匿名で連絡

ソフトバンクBBは、同社が提供するブロードバンドサービス「Yahoo! BB」の顧客情報とされるデータがマスコミ関係者へ送付されている事件で、あらたにNHKへ顧客情報らしき個人情報9213件が寄せられたと発表した。

インターネット上に個人情報を保存されていると匿名の人物からNHKへ情報が寄せられたという。アクセスするためにはIDとパスワードが必要だったという。同社では、サイト管理者へ協力を求め、インターネット上からファイルを削除したという。

保存されていたデータは、氏名、住所、電話番号、携帯電話番号が記録されており、日経BP社、新潮社、光文社へ送付された情報と同様の特徴を持っており、一部重複する部分もあった。同社では、8万6000件のデータの一部ではないか、としながらも「Yahoo! JAPAN ID」といった同社固有の情報がないため、同社データと断定していない。

同社では、業務妨害による刑事告訴、および不法行為、信用毀損といった損害賠償請求を準備しているという。

(Security NEXT - 2004/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も