Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、地方公共団体における情報セキュリティポリシー策定状況を公表

総務省は、全国の地方公共団体における2004年10月1日現在の情報セキュリティポリシー、および個人情報保護条例の策定状況をまとめ、公表した。

同レポートによれば、47都道府県では、前回7月1日調査時と同様、情報セキュリティ対策に関する基本方針などを決めた情報セキュリティポリシーの策定、および個人情報保護条例の制定はいずれも100%となっている。

市区町村では、情報セキュリティポリシーについては3053団体中2468団体、全体の80.8%が策定済みで、前回調査時より2.7ポイント増加している。個人情報保護条例については、3053団体中2558団体、全体の83.8%が制定済みで、前回調査時より1.0ポイント増加している。

(Security NEXT - 2004/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DV被害者住所をミスで加害者へ漏洩 - 三鷹市
静岡鉄道のサイトが一時改ざん - 不正サイト誘導のおそれ
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Samba」に4件の脆弱性 - アップデートがリリース
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ