Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロ、11月度のウイルス感染被害レポートを発表

トレンドマイクロは、日本国内における、2004年11月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。

同レポートは、2004年11月1日から同30日までに、日本のトレンドマイクロのサポートセンターに寄せられたウイルス被害件数をもとにランク付けを行ったもの。

今月のウイルス感染被害の総報告数は3723件と、10月の4255件からさらに減少している。これまで上位を占めていたトロイの木馬に代わって、1位がWORM_NETSKY、2位がWORM_BAGLEと、およそ半年ぶりにワーム型が上位を独占した。しかし両ワームによる被害は、発生初期における小規模なものにとどまった。

今回新しく10位にランクインしたEXPLOIT-MS04-032は、ウイルスではなく、脆弱性を持つコンピューターにエラーを起こさせるための攻撃コードで、Windows XPにのみ有効のもの。そのため同社では、Windowsアップデートによるセキュリティホール対策は必須だとしている。

(Security NEXT - 2004/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか