Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、11月のウイルス検知状況を発表

マカフィーは、2004年11月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、先月に引き続きウイルス「Exploit」が多く検出されており、検知企業数トップ10のうち5種、検知マシン数トップ10のうち4種を占めている。これらはほとんどがトロイの木馬型ウイルスで、今後も警戒が必要だとしている。

最終週には「Mydoom」の亜種が幾つか発見され、中でも「ah」は危険度「中」と判断された。同ウイルスは、IEのバッファオーバーフローの脆弱性を利用して感染動作を実行する。また、「Bot」系のウイルスは今後も多くの亜種の発生が予測されるとして、注意を促している。

同社では、Windowsの脆弱性を利用したウイルス出現に対しても十分な注意が必要だとして、マイクロソフトの脆弱点パッチをこまめに適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催