Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、11月のウイルス検知状況を発表

マカフィーは、2004年11月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、先月に引き続きウイルス「Exploit」が多く検出されており、検知企業数トップ10のうち5種、検知マシン数トップ10のうち4種を占めている。これらはほとんどがトロイの木馬型ウイルスで、今後も警戒が必要だとしている。

最終週には「Mydoom」の亜種が幾つか発見され、中でも「ah」は危険度「中」と判断された。同ウイルスは、IEのバッファオーバーフローの脆弱性を利用して感染動作を実行する。また、「Bot」系のウイルスは今後も多くの亜種の発生が予測されるとして、注意を促している。

同社では、Windowsの脆弱性を利用したウイルス出現に対しても十分な注意が必要だとして、マイクロソフトの脆弱点パッチをこまめに適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート