Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、11月のウイルス検知状況を発表

マカフィーは、2004年11月におけるコンピュータウイルスの検知状況を発表した。

同発表によれば、先月に引き続きウイルス「Exploit」が多く検出されており、検知企業数トップ10のうち5種、検知マシン数トップ10のうち4種を占めている。これらはほとんどがトロイの木馬型ウイルスで、今後も警戒が必要だとしている。

最終週には「Mydoom」の亜種が幾つか発見され、中でも「ah」は危険度「中」と判断された。同ウイルスは、IEのバッファオーバーフローの脆弱性を利用して感染動作を実行する。また、「Bot」系のウイルスは今後も多くの亜種の発生が予測されるとして、注意を促している。

同社では、Windowsの脆弱性を利用したウイルス出現に対しても十分な注意が必要だとして、マイクロソフトの脆弱点パッチをこまめに適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず