Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新聞発表後もローソンパス会員を狙った架空請求が頻発 - 再度注意喚起

ローソンは、11月19日にローソンパス会員へ架空請求が発生しているとし、社告を掲載していたが、その後も約120名の会員へ架空請求が寄せられたとして、再度注意喚起を行った。

同社およびローソン・シーエス・カードが発行するローソンパスカード会員2名へ有料課金サイトの架空請求が寄せられ、注意喚起を実施していた。今回の架空請求頻発を受け、同社ではローソンパス会員56万人の方々には改めて注意喚起のダイレクトメールを発送する予定。

架空請求はインターネットの有料サイト料金に関するもので、差出人は実在しない架空業者だった。調査結果によれば、同請求書は、2003年6月に流出したローソンパスカード会員の個人情報を利用し発送された可能性が高いとされている。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力