Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新聞発表後もローソンパス会員を狙った架空請求が頻発 - 再度注意喚起

ローソンは、11月19日にローソンパス会員へ架空請求が発生しているとし、社告を掲載していたが、その後も約120名の会員へ架空請求が寄せられたとして、再度注意喚起を行った。

同社およびローソン・シーエス・カードが発行するローソンパスカード会員2名へ有料課金サイトの架空請求が寄せられ、注意喚起を実施していた。今回の架空請求頻発を受け、同社ではローソンパス会員56万人の方々には改めて注意喚起のダイレクトメールを発送する予定。

架空請求はインターネットの有料サイト料金に関するもので、差出人は実在しない架空業者だった。調査結果によれば、同請求書は、2003年6月に流出したローソンパスカード会員の個人情報を利用し発送された可能性が高いとされている。

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開