Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそな銀行、カードローン契約書112件を紛失

りそな銀行は、カードローン契約書112件を紛失したと発表した。同契約書には、住所、氏名、電話番号など個人情報が記録されている。

今回紛失した契約書は、旧大和銀行で契約された同行56支店、112件の契約書で、すべて個人顧客の契約だった。各店舗で管理していたデータを集中管理へ移す際に発覚したという。同行では、紛失の原因は「誤って破棄したため」としている。

本日より同行では顧客に対して事情説明を開始、謝罪するという。

(Security NEXT - 2004/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco DCNM」の深刻な脆弱性 - 研究者が詳細を公表
メルアカ乗っ取り、迷惑メール送信の踏み台に - 福知山市民病院
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
「Citrix ADC」更新が一部公開、SD-WAN製品にも影響 - 緩和策で問題も
「IE」に未修正のRCE脆弱性、ゼロデイ攻撃も - 「Windows 7」にも影響
トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
トレンド製パスワード管理ソフトに情報漏洩の脆弱性
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは