Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、約2万人分の顧客情報含むPCが盗難

積水ハウスは、1万9439件分の顧客情報が保存されたパソコン2台が盗難に遭ったことを明らかにした。

盗難が発生したのは、大阪府豊中市にある同社の分譲マンション販売センターで、パソコン3台とその周辺機器が被害に遭った。その内の2台に、同販売センターの来場者や、インターネットでマンションの販売資料を請求した見込み客の住所、氏名、電話番号などの個人情報1万9439件が保管されていた。

同社では、被害に遭ったパソコンにはパスワードを設定していた。現時点での情報の不正利用は確認されていないという。

同社では、パソコンのセキュリティ対策を強化するとともに、販売センターなど仮設の施設自体の防犯性を高める対策も強化し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
ビッグデータの不正利用防ぐ法整備、7割弱が「賠償基準明確化」「罰則強化」望む
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
マイナンバー含む税額決定通知書の誤送付が判明 - 千葉市
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
Google Playに複数の偽「WannaCry対策アプリ」 - 便乗アプリに注意を
2017年1Qのバンキングトロジャンは144件 - 前四半期から半減
イー・ガーディアン、HASHコンサルなど子会社3社の社名を変更 - CIも統一
Sambaにリモートより攻撃可能な深刻な脆弱性 - 「同3.5」以降に存在
大量の脆弱性報告で注意喚起、インストーラ作製アプリなどに起因 - 脆弱性狙うマルウェアも