Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、約2万人分の顧客情報含むPCが盗難

積水ハウスは、1万9439件分の顧客情報が保存されたパソコン2台が盗難に遭ったことを明らかにした。

盗難が発生したのは、大阪府豊中市にある同社の分譲マンション販売センターで、パソコン3台とその周辺機器が被害に遭った。その内の2台に、同販売センターの来場者や、インターネットでマンションの販売資料を請求した見込み客の住所、氏名、電話番号などの個人情報1万9439件が保管されていた。

同社では、被害に遭ったパソコンにはパスワードを設定していた。現時点での情報の不正利用は確認されていないという。

同社では、パソコンのセキュリティ対策を強化するとともに、販売センターなど仮設の施設自体の防犯性を高める対策も強化し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「マイナビ」を偽装、「Bitcoin関連のアンケート」に見せかけた悪質メールに注意
検察庁職員をかたる詐欺 - 電話で偽サイトに誘導して情報詐取
IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応
ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
イベント告知メールで誤送信、メアド流出 - 江戸川区
高校行事出席者へのお礼メールで誤送信 - 宮城県
【特別企画】企業のIoTセキュリティとスマホをテーマに講演会 - JSSEC
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省