Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

積水ハウス、約2万人分の顧客情報含むPCが盗難

積水ハウスは、1万9439件分の顧客情報が保存されたパソコン2台が盗難に遭ったことを明らかにした。

盗難が発生したのは、大阪府豊中市にある同社の分譲マンション販売センターで、パソコン3台とその周辺機器が被害に遭った。その内の2台に、同販売センターの来場者や、インターネットでマンションの販売資料を請求した見込み客の住所、氏名、電話番号などの個人情報1万9439件が保管されていた。

同社では、被害に遭ったパソコンにはパスワードを設定していた。現時点での情報の不正利用は確認されていないという。

同社では、パソコンのセキュリティ対策を強化するとともに、販売センターなど仮設の施設自体の防犯性を高める対策も強化し、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2004/10/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】今日のAndroidは安全か、バージョンアップの歴史から専門家が紐解く
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力
標的型攻撃メール、添付は圧縮ファイルが9割 - 「.js」増加、実行ファイルも引き続き注意を
マウスポインタが勝手に移動? - ブラウザの「動画」でだます「偽警告」の新手口
2支店で顧客情報含む書類を紛失 - JA東京あおば
「ESXi」など複数VMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
日本ユニシス、撮影映像を記録しない映像解析サービス
20年の保存期間が残存する倉庫関連登録書類を誤廃棄 - 国交省
FFRI、北米に初となる子会社「FFRI North America」を設立
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社