Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都道府県サイトの半数が個人情報保護対策の記載なし - サイトリスク協議会調査

日本ブランド戦略研究所、メンバーズ、三和コムテックで構成されるサイトリスク協議会は、47都道府県のウェブサイトのランキングを発表した。半数以上のサイトに個人情報保護対策に関する記述がなかったり内容に不備があったという。

サイトリスク協議会発足後、第1回目となる調査結果。クオリティ、プライバシー、アクセシビリティの観点からウェブサイトが評価された。個人情報対策を持つのか明確に提示していないサイトが半数以上を占めた。また、個人情報保護法の各条項に適合していないページもあったという。総合ランクのトップは東京都だった。一方、ワースト1は埼玉県だった。

(Security NEXT - 2004/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ローン申込者の顧客情報を「OpenChat」へ誤投稿 - LINE Credit
PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
クレカ会員向けサービスにPWリスト攻撃、ポイント交換も - ジャックス
アロマオイル通販サイトに不正アクセス - 偽画面からクレカ情報詐取
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
「Android 10」に対応したセキュアコーディングガイド新版
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
オーナー情報を提携業者に誤って提供 - ミサワホーム
育児出産情報サイトにPWリスト攻撃 - ポイント不正交換か