Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インターチャネル、セキュリティソフト最新版を発売

インターチャネルは、総合セキュリティソフト「V3 ウイルスブロック 2005 インターネットセキュリティ」を、10月8日に発売する。価格は2980円。2ユーザーパック(4980円)と5ユーザーパック(1万500円)も同時に発売される。

同製品は、ウイルス対策、不正侵入対策の基本機能にくわえて、スパイウエア対策機能や個人情報保護機能、迷惑メール対策機能などを搭載した、総合セキュリティソフト。

独自の「特定位置判別法」により、効率よくウイルスを監視する。また同社では、消費メモリ量も少ないため、安定した動作を確保できるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
GRCプラットフォームの新版を提供 - デルテクノロジーズ
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
「Firefox 78.0.2」が公開 - フレーム設定をバイパスできる脆弱性を修正
同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース