Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

イーバンク、簡易ログインサービスを開始

イーバンク銀行は、携帯電話向け簡易ログインサービスの提供を8月8日から開始した。同社ではフィッシング詐欺の防止にも役立つとしている。

同サービスは、事前に携帯電話固有のIDを登録しておくだけで、次回からのログイン時にはログインパスワードの最初の4桁を入力するだけで認証が完了するというもの。ログイン画面は、利用者の支店番号と口座番号が入力された状態で表示される。

また、利用者はログインするたびに支店番号と口座番号をチェックできるので、不正なりすましサイトではなく、本物のイーバンクログイン画面であることが確認できる。そのため、同サービスはフィッシング詐欺対策にも有効であるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も