Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス受信者は減少 - インターネットコム調査

インターネットコムとインフォプラントは、ウイルス定例リサーチの7月度結果を公表した。

両社の発表によれば、メールによりウイルスを受信したユーザーは前回調査と比較し、4.3ポイント減少した。過去1カ月以内に自宅PCのメールにてウイルスを受信したユーザーは「5本以内」との回答が最多で20.3%。「51本以上」と答えたユーザーも9.3%いたという。一方、ウイルスメールと対照的にスパムメールについては、増加傾向にあるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

野球場予約システムが休止、不正ログイン試行で - 川崎市
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請
「baserCMS」やプラグインにあわせて12件の脆弱性
元研究員が卒業生名簿を議員事務所へ提供 - 愛媛大
2021年1月に「JSAC2021」開催、初の2トラック制 - CFPを開始
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表