Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス受信者は減少 - インターネットコム調査

インターネットコムとインフォプラントは、ウイルス定例リサーチの7月度結果を公表した。

両社の発表によれば、メールによりウイルスを受信したユーザーは前回調査と比較し、4.3ポイント減少した。過去1カ月以内に自宅PCのメールにてウイルスを受信したユーザーは「5本以内」との回答が最多で20.3%。「51本以上」と答えたユーザーも9.3%いたという。一方、ウイルスメールと対照的にスパムメールについては、増加傾向にあるとしている。

(Security NEXT - 2004/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
公開サーバ上に2006年当時の学生情報 - 千葉大
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も