Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティング事業者向け格安ウイルス対策サービスが登場

日本エフ・セキュアは、共用ホスティング事業者向けの格安ウイルス対策サービス「ドメイン月額プラン」を発表した。ドメイン数分を月額料金でライセンスするもので、8月2日より販売を開始する。

同サービスは、500以上のドメインをホスティングする事業者に対し「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」を提供するもの。「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」では、インターネット経由の電子メールの送受信、Webブラウジングおよびファイル転送によるウィルス侵入をリアルタイムに検出、感染を防止できる。

同社では、BOX型ウイルス対策とことなり、サーバー単位ではなくドメイン単位の価格設定であるため、複数サーバーへの分散インストールによりスループットの低下などを防げるとしている。

(Security NEXT - 2004/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
「FF XIV」に断続的なDDoS攻撃 - 日欧米の全データセンターが標的に
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
「Adobe Flash Player」にアップデート - セキュリティ関連の修正含まず