Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホスティング事業者向け格安ウイルス対策サービスが登場

日本エフ・セキュアは、共用ホスティング事業者向けの格安ウイルス対策サービス「ドメイン月額プラン」を発表した。ドメイン数分を月額料金でライセンスするもので、8月2日より販売を開始する。

同サービスは、500以上のドメインをホスティングする事業者に対し「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」を提供するもの。「F-Secureアンチウィルス Linuxゲートウェイ」では、インターネット経由の電子メールの送受信、Webブラウジングおよびファイル転送によるウィルス侵入をリアルタイムに検出、感染を防止できる。

同社では、BOX型ウイルス対策とことなり、サーバー単位ではなくドメイン単位の価格設定であるため、複数サーバーへの分散インストールによりスループットの低下などを防げるとしている。

(Security NEXT - 2004/07/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も