Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JPNICとJPCERT/CCがセキュリティセミナーを開催

日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC) とJPCERT コーディネーションセンター (JPCERT/CC) は、ネットワークオペレータを対象にセキュリティセミナーを開催する。

今年度のテーマは「オペレータが教養として身につけておくべきセキュリティ知識」。セミナーの開催は9月、10月、2005年2月に予定されている。

同セミナーでは、インシデントハンドリングの基礎知識を学ぶことが出来る初級者コースと、中級者向けコースを用意した。特に中級者向けコースでは「脆弱性情報」と「不正侵入対策の具体例」を詳しく解説する。

(Security NEXT - 2004/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も
Avast、プライバシー保護ブラウザに新版
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート