Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワークにウイルスが感染 - 島根県

島根県の本庁と出先をつなぐネットワークにウイルスが感染し、電子メールの送受信を停止していたことが明らかになった。

毎日新聞によれば、3月29日夕に職員が「Netsky Q」の感染を認識、調べたところ本庁を含む約200台に感染していたことが明らかになった。同庁はメールの送受信を停止、ウイルスソフトの更新を実施、30日夕にサービスを再開したという。

昨年9月にも同じネットワークがコンピュータウイルス「Nimda」へ感染する事件が発生している。

(Security NEXT - 2004/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
「Apple」装うフィッシング - 12月に入ってからも発生
HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも