Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取

今治タオルを扱う通信販売サイト「伊織ネットショップ」が不正アクセスにより一部改ざんされ、顧客のクレジットカード情報が詐取された可能性があることが判明した。

同サイトを運営する伊織によれば、ウェブサイトが改ざんされ、決済時に偽のカード情報入力画面が表示される状態であることが8月22日に判明。ウェブサイトを停止し、調査を行っていた。

改ざんされた期間中、クレジットカード情報を入力する正規ページへ遷移する前に、同じデザインの偽ページが表示される状態で、顧客側から見ると1度の注文でクレジットカード情報の入力が2度にわたり求められる状態だったという。

同社ではもともとクレジットカードは保有していないが、今回の改ざんにより、5月8日から8月22日にかけて同サイトを利用したのべ2145人が、クレジットカード情報を詐取された可能性がある。クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

20181025_io_001.jpg
改ざん後の画面遷移。クレジットカードの入力画面が偽画面と正規画面の2回表示される状態だった(画像:伊織)

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
庁内システムに職員が不正アクセス、ポエムなど書き込み - 郡山市
外部指摘で4年以上前の不正アクセスが判明 - 美容関連出版社
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
米子会社に不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 東京化成工業
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
職員が他課アカウントで不正アクセス、偶然1時間強で発見 - 伊東市