Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

今治タオルの通販サイトで改ざん - 偽決済画面誘導でクレカ情報詐取

8月19日にシステムの脆弱性を突く不正アクセスがあり、一部ページが改ざんされた痕跡を確認。6月や7月末のバックアップファイルに改ざんされた痕跡が見られないことを理由に、同社では8月19日16時19分から同月22日18時37分にかけて注文した顧客の情報が、特に流出した可能性が高いとしている。

またアクセス解析の結果においても、偽のクレジットカード入力画面からリダイレクトされたユーザー数が、8月19日以降増加していたことを確認したという。

一方、改ざんされたファイルのタイムスタンプが5月8日となっており、すでにアクセスログが残っておらず、不正アクセスの有無も確認できないことから、同日以降に被害が生じている可能性も否定できないとして、対象期間を5月8日から8月22日までとした。

同社では、対象となる顧客にメールと電話で事情を説明。心当たりがない請求が行われていないか確認するよう呼びかけた。また警察と個人情報保護委員会へ報告を行っている。

20181025_io_002.jpg
偽画面からのリダイレクトされたユーザー数推移(画像:伊織)

(Security NEXT - 2018/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
糖質制限食の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
ASPに対する不正アクセスの調査結果を公表 - トレードワークス
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
電子たばこ通販サイトに不正アクセス - 偽決済フォーム設置される
KADOKAWAの海外子会社に不正アクセス - ランサムウェアか
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
「サンリオピューロランド」の運営会社サイトに不正アクセス