Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Linuxカーネルに脆弱性「Mutagen Astronomy」、PoCが公開 - 「RHEL」「CentOS」に影響

一部Linuxカーネルにルート権限を奪われるおそれがある脆弱性「CVE-2018-14634」が含まれていることがわかった。「Red Hat Enterprise Linux」「CentOS」が影響を受けるという。

20180927_qu_001.jpg
Qualysによるアドバイザリ

同脆弱性は、64ビット版における「create_elf_tables」関数においてインテグラオーバーフローが生じ、ルート権限への昇格が可能となる脆弱性。

2007年7月から2017年7月にかけてリリースされたカーネルに含まれるという。

Qualysが報告したもので「Mutagen Astronomy」と名付けられており、同社はアドバイザリを公表するとともに、実証コード(PoC)を公開した。

1年前にパッチがリリースされ、多くのLinuxディストリビューションでは、脆弱性を修正するため、長期間サポートを行うLTS版に対してバックポートを行ったが、一部の「Red Hat Enterprise Linux」「CentOS」については、実装されておらず、脆弱性が含まれた状態だという。

(Security NEXT - 2018/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
Adobeがアップデートを公開 - 7製品に脆弱性
MS、2021年最初の月例セキュリティパッチを公開 - 一部で悪用も
「SKYSEA Client View」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
「Microsoft Edge 87.0.664.75」がリリース - 脆弱性13件を修正