Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JETRO、海外展開支援事業で49社を採択 - セキュリティ分野から2社

日本貿易振興機構(JETRO)は、2018年度日本発知的財産活用ビジネス化支援事業「JETRO Innovation Program(JIP)」の採択企業を発表した。セキュリティ分野からも採択されている。

同事業は、知財を持つスタートアップや中小、中堅の日本企業における海外展開のハンズオンで支援するプログラム。特許庁の補助事業として展開している。

ジェトロが海外のアクセラレーターと提携し、ビジネスモデル構築研修、メンタリング、ピッチ、展示会での商談機会、ビジネスマッチングなどの支援メニューを提供。2018年度は米シリコンバレー、中国の深セン、ドイツのベルリン、ASEANの6地域を対象に展開する。

AIやロボット、クラウド、IoT、ゲノム、VRなど幅広い分野から49社が採択されており、セキュリティ分野では、シリコンバレープログラムにFFRI、インドネシアプログラムにオプティムが採択された。

(Security NEXT - 2018/09/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
フィッシング攻撃が多い曜日は? - 悪用ブランドはMSが突出
セキュアヴェイル、子会社LogStareを設立