Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン

エステティックサロンを運営するシェイプアップハウスは、元従業員が顧客情報を持ち出し、退職後に自身が開業したサロンの営業活動に利用していたことを明らかにした。

同社によれば、2016年12月に営業を終了したエステティックサロン「ダンディハウス/ミス・パリおやまゆうえん店」に勤務していた元従業員が、同店の顧客リストを持ち出していたもの。

同リストには、同店を2014年9月1日から2016年9月26日までの間に利用した会員354人分の情報が記載されており、氏名や住所、電話番号、性別、会員番号、最終来店日などが含まれる。

元従業員は、リストに記載された43人分の顧客情報を不正に利用。自身が開業したエステティックサロンを宣伝するダイレクトメールを送付していたという。2月14日にダイレクトメールを受け取った顧客から同社へ問い合わせがあり、問題が発覚した。

同社では弁護士を通じ、持ち出された顧客リストの原本を回収。ダイレクトメールの送付以外で情報の利用はないことを確認したとしている。

(Security NEXT - 2018/03/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
ソフトバンク元従業員が逮捕 - 技術情報を転職先に持ち出しか
楽天モバ、従業員逮捕でコメント - 営業秘密利用は未確認
生活保護受給者の複数記録簿が所在不明 - 八尾市
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
敬老祝金贈呈調書が所在不明に - 静岡市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院