Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減

2017年上半期の国内におけるランサムウェアの検出数は、2016年下半期から半減した。ただし、「WannaCrypt」の影響もあり、後半には再び増加傾向を示したという。

20170921_tm_001.jpg
マルウェアの検出台数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが、2017年1月から6月にかけて、同社製品利用者における
ランサムウェアの検出状況を取りまとめたもの。いずれも検出台数ベースの数値となっている。

同期間にランサムウェアを検出した国内の端末は2万1600件。前期の4万8800件から半減した。

ただし、2017年上半期の後半にあたる同年第2四半期に注目すると、前年同期の8300件から約1.8倍にあたる1万5300件へと増加。

6300件だった第1四半期と比較すると、第2四半期に約2.4倍へと拡大しており、予断を許さない状況だ。

(Security NEXT - 2017/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
Fortinet製VPN使う脆弱なホスト情報が公開 - 平文パスワードなども
ランサム被害拡大で重要インフラ事業者に注意喚起 - NISC
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円