Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「秘文シリーズ」に新版 - ランサムウェア対策などを追加

日立ソリューションズは、「秘文シリーズ」2製品の新版を8月31日より提供開始する。データ破壊への対策や、操作ログの取得などに対応した。

データ暗号化製品「秘文 Data Encryption」の新版では、実行ファイルにくわえライブラリファイルを監視。正規プログラム以外によるデータへのアクセスを防止する。またデータ領域のみだった保護範囲をOSの管理領域に拡大。不正な書き換えなどを防ぐ。

デバイス制御製品「秘文 Device Control」では、従来の持ち出しやデバイスの接続にくわえ、ファイル操作やアプリケーション操作などのログを取得できるようになった。

またCylance製のセキュリティ対策製品との連携に対応。ログを管理する「秘文 Server」上でログを照合し、感染原因となったユーザーの操作を調査することが可能となった。

価格はいずれも購入ライセンスが1クライアントあたり1万800円。年間ライセンスは1クライアントあたり5400円。年間ライセンスの場合、保守費とサーバライセンスが含まれるが、購入ライセンスには含まれない。

(Security NEXT - 2017/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
管理機能を強化した個人情報検出ソフト「すみずみ君Advance」
顔情報を暗号化したまま認証する「秘匿生体認証技術」 - NEC
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック