Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供

エルテスとクロスワープは、中国で事業を展開する日本企業を対象に、従業員による情報漏洩を調査するサービスを7月より提供開始する。

同サービスは、日本企業の中国支店や中国の現地法人を対象に、内部からの情報漏洩対策を提供するもの。中国の文書共有サイト「百度文庫(バイドゥブンコ)」「豆丁网(ドックイン)」「道客巴巴(ドックハチハチ)」などに企業の内部情報が漏洩していないか調査する。

また、現地法人におけるウェブアクセスログやファイルサーバのアクセスログ、勤怠管理、パソコンログイン、外部記憶媒体の利用、メール送受信などを調査して、内部流出の予兆を検知する。料金は、月額54万円から。

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
個情委、LINEへ委託先監督義務で行政指導 - 外国第三者提供については指導なし
関西エアポート関連サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委