Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供

エルテスとクロスワープは、中国で事業を展開する日本企業を対象に、従業員による情報漏洩を調査するサービスを7月より提供開始する。

同サービスは、日本企業の中国支店や中国の現地法人を対象に、内部からの情報漏洩対策を提供するもの。中国の文書共有サイト「百度文庫(バイドゥブンコ)」「豆丁网(ドックイン)」「道客巴巴(ドックハチハチ)」などに企業の内部情報が漏洩していないか調査する。

また、現地法人におけるウェブアクセスログやファイルサーバのアクセスログ、勤怠管理、パソコンログイン、外部記憶媒体の利用、メール送受信などを調査して、内部流出の予兆を検知する。料金は、月額54万円から。

(Security NEXT - 2017/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
無関係の顧客情報をメールで委託先に誤送信 - ガスパル中国
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
中国IPアドレスからの攻撃がウクライナ侵攻後に大幅増
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件
フィッシング報告が2割減となるも高水準 - 悪用されたURLは増加