Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パロアルトの「Traps」、MacとAndroidに対応 - Officeファイルの不正マクロ対策も

パロアルトネットワークスは、エンドポイント向けセキュリティ対策製品「Traps」の新版をリリースした。Mac OSとAndroidの保護機能を追加している。

同製品は、メモリの保護やコード実行の防止といったエクスプロイト対策機能や、静的解析、実行制御などマルウェア対策機能を備えたエンドポイント向けソリューション。

新版では、あらたにMac OSに対応。またAndroidに関してはベータ版を用意した。さらに、Officeファイルにおいてマクロを悪用した攻撃を事前にブロックする機能や、スクリプトベースの攻撃を防御する機能、エンドポイント内の脆弱性を探索するエクスプロイトキットをブロックする機能などを提供する。

またセキュリティ集中管理システム「Panorama」との連携に対応。同社の「WildFire」と脅威情報を相互に関連付けることが可能となっている。

(Security NEXT - 2017/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee