Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に

フォトブック作成サービス「nohana」のサーバに不具合があり、一部利用者の登録情報を外部より閲覧できる状態だったことがわかった。

ミクシィの子会社で同サービスを運営するノハナによると、ユーザーが利用時に登録した情報へ意図しないアクセス権限が設定されるケースがあり、特定の操作を行うことで第三者が登録情報にアクセスできる状態だった。氏名や電話番号、メールアドレス、プロフィール写真を閲覧された可能性がある。

4月24日13時ごろ、ユーザーからの問い合わせを受けて調査していたところ、サーバプログラムの不具合に気が付いたという。

今回の問題について同社は、意図しないアクセス権限が設定されるのは「非常にまれな確率」であると説明。該当者は仮登録者や登録者など150人だという。

同社では、サーバのプログラムやアクセス権限を修正。ユーザー情報が不正に取得されたかについては、現在調査中としている。対象となるユーザーには、事情を説明し、謝罪するメールを送信した。

(Security NEXT - 2017/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響