Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本クレジット協会、若年層向けにクレカ啓発キャンペーン - イメージキャラクターは吉本実憂さん

20170404_jc_001.jpg
イメージキャラクターは吉本実憂さん

日本クレジット協会は、クレジットカードを利用する際のルールを啓発する「クレジットカード啓発キャンペーン」を開始した。

同キャンペーンは、おもに大学生や新社会人など若年層を対象に、クレジットカードを安全に利用するための基礎的なルールを啓発するもので、今回で6回目を迎えた。

女優の吉本実憂さんをイメージキャラクターとして起用。ポスターのほか、新聞や雑誌の広告、ウェブ広告、SNSなどによる広報活動を、6月30日まで3カ月にわたって展開する。

同キャンペーンでは、カードの暗証番号の適正管理のほか、ネットショッピングでカードを利用する際の情報管理、カードの貸し借りの禁止、伝票や利用明細の確認などを呼びかけている。

(Security NEXT - 2017/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2022年1Qクレカ不正利用被害、前期比7.4%増 - 約100億円を突破
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働
フィッシングURLが約1.7倍、過去最多更新 - 同一IPアドレス上に大量の偽サイト
フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に