Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

阪神淡路大震災関連の寄託書類を誤廃棄 - 三菱倉庫

三菱倉庫は、阪神・淡路大震災復興基金から預かっていた書類を、誤って廃棄していたことを明らかにした。

同社によれば、同基金から預かっていた助成関連書類96箱分を、ほかの顧客から預かった書類箱を廃棄した際に誤って一緒に廃棄したもの。誤廃棄した書類は、処理業者によりすべて溶解処分されたことを確認しているという。

(Security NEXT - 2017/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
個人情報含む高齢者名簿が所在不明に - 北九州市
遺失物の関係帳票が所在不明、誤廃棄か - JR東海
廃棄PCの紛失を公表、個人情報含む可能性 - 岩手の障害者支援施設
小学生から募集した「ぎふエコ宣言」ハガキを紛失 - 岐阜県
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
保管期間中の宿泊台帳が所在不明に - オリックス・ホテルマネジメント
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
廃止店舗の顧客情報記載帳票が所在不明 - 東北労金
委託先で手術予定リストが盗難 - 国立国際医療研究センター